サイザル錠

2016年05月30日

最近楽しいのです

中学生テスト対策も佳境に入ってきました。

みんな、頑張っています。


この写真はある時の授業の様子ですが、

マンションの一室の塾内でこのような光景が

3部屋で繰り広げられています。

2016-05-25 19.41.18.jpg





語弊を恐れずに言えば、

最近、塾の運営がとても楽しいのです。( ´ ▽ ` )ノ




4年目にして少しだけ私が理想とする塾に近づいたことを実感しているから。



とりあえず勉強に対して後ろ向きな態度を取る生徒がいない。

塾の先生としては、これが実にストレスフリーな状態なのです。

やる気のない生徒のお尻を叩くなんて、やられる方も嫌でしょうが、やる方だって嫌です。

そして、今現在はそんな必要がない。

はい。実に楽しい状況です。( ´ ▽ ` )ノ



もちろん学力的にはまだまだです。

けれど、それを伸ばしていくのが私の役割なのであって、ストレスの原因にはなりません。

意識的にはもちろんのこと、無意識的にも塾の雰囲気を下に引っ張ろうとする生徒がいない。



「頑張るのが当たり前」




なにやら某安古市高校のキャッチフレーズに似ていますが、こういう雰囲気の中で勉強できる生徒が正直羨ましい(笑)


塾生みんなが「楽に」頑張れるこの雰囲気を持続できるよう努めるのも私の役割ですね。


そのためなら、なんら労力は厭わないですよ。

ガンガンやれる雰囲気こそ塾の命。

さあ、みんな、頑張っていきましょう!




posted by 宮脇慎也 at 23:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタート地点

10日ほど前から定期テスト直前の中学生が、長時間学習に挑んでいます。


特にこの土日は朝9時〜夕方6時。

9時間は塾にこもっています。(実質学習時間は50分×8回×2日間)


多分地域の塾の中で勉強量はトップクラスなのでしょう。

学校での調査で「クラスで1番勉強した子になった」という報告も複数もらっていますから。




だけど、それは単なるスタート地点。




勉強量が一番になっても、得点でクラストップになれるかどうかは別問題。

勉強はそこまで単純じゃない。


これまでの人生での累積勉強量も関係してくるし、

効率のいい勉強の仕方、頭の使い方が身についている子もいれば、そうじゃない子もいる。



とは言え、この勉強量に意味がないわけでない。

精一杯やった結果じゃないと、全力で喜べないし、全力で悔しがれない。

「自力での」効率のいい勉強の仕方も身に付かない。



だから、先日来の大学入試に通用する自分の勉強スキルを向上させるという意味でも、膨大な勉強量を確保するのはスタート地点なのです。




ま、当然のことながら、生徒たちはそんなことは考えていないでしょう。



目の前の得点を全力で取りに行く。

そのためにどう動くか。

彼らには、そこに全力を尽くして欲しいですね。

その延長線上で、高い学力が身につくのですから。

私も全力でサポートしますからね。
posted by 宮脇慎也 at 01:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

どういう塾にするかはどう生きるかD

私にとっては大事な話なのですが、皆様にとってはあんまり楽しい話とも思えませんので、今回で終わらします。そのため、今日は少々長文です。





正直なところ、高校入試がゴールだと勘違いし、高校1年生の時に糸が切れたように勉強にやる気がでないという現象は、自分の教え子以外でも時折聞く話です。


もちろん、「そんなの本人の問題じゃん。学校の問題かもしれないし、塾とは関係ないかもしれないじゃん」という意見があることも重々承知しています。


けれど、現実に、少なくない生徒がそういう状況に陥っているのです。



そのことをきちんと問題にしよう。



高校入試なんか所詮通過点。どでかい勝負は大学入試にある。


そこに向けて十分な力を蓄えることができるように生徒を導こう。



大学入試に向けて考えると、本当に勉強内容が手に負えなくなるのは高校生になってから。

にもかかわらず、「高校生になったら自分で勉強できないとね」なんて考える人も多い。



そんなの普通無理じゃないかな?




中学の時までは、塾や内申点制度によって手厚く守られていた子が

高校の、大幅に難しくなる学習内容に対し、

いきなり自分で勉強できるようにならないとダメですよ、

という状況に放り込まれるのは、無理がある。



せめて自分で勉強するとはどういうことか。

効率よく長時間学習する方法論とはどのようなものがあるか。

そういうものこそ、中学までに経験させてあげるべきことじゃないだろうか?



今のMoveの生徒を見ているとよく分かるのですが、

中学内容まではそれほど教えなくても、やる場所を用意し、

やり方を伝えたら勉強内容そのものはクリアできる(子も多い)。



真に手助けがいるのは、高校学習内容。



中学までに真に身につけるべきは、自分で学習できる力。



もちろん、中学生だっていきなりそれを求められたら困るでしょう。

だから、きちんとサポートする。

魚を釣る道具も与えるし、釣り方も教える。

本当に得て欲しいのは、実際に自力で魚を釣り上げる実力と成功体験。


間違っても、中学の定期テスト程度で過去問漬けにしたり、

内申点稼ぎこそが勉強だと勘違いさせたり、高校入試をゴールだとは思わせない。



高校で失速せず、むしろ高校、大学、社会人とステージを登るほどに加速できるよう

中学の段階で「自分でやる」力と経験を与えよう。



塾講師を始めた頃に覚えた違和感。

いつの間にか業界の中で忘れていたけれど、あの違和感に忠実に塾を展開しよう。


そのために、目的に最も合致しているであろう「個別演習形式」で塾を展開しよう。

そうやって開いたのが、この進学空間Moveです。



とは言え、内申点を得ることをアンチテーゼとはしない。



そんなことしても、生徒の誰も得をしない。


自ら能動的に行う学習で、それも圧倒的な学習量で、

定期テストや内申点で高得点が狙える体制をつくろう。

そして、それが高校以降も活きるような勉強の仕方を伝えよう。


それこそが進学空間Moveが存在する理由であり、

それを突き詰めることが、私が塾人として生きる道になるのでしょう。




長々と語ってしまいましたが、そんなことを思っています。



もちろん、これが一面的な見方だという意識もあります。

けれど、これまでの塾講師歴の中で最大の後悔を繰り返したくはないのです。

私と出会った全ての生徒が、自分のやりたいことを実現できるように、

最良だと思える方法で導いてあげたいですね。




posted by 宮脇慎也 at 23:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
マンガでわかる! 大逆転の中学受験国語2  入試国語力をつける奇跡のメソッド (YELL books) -
マンガでわかる! 大逆転の中学受験国語2 入試国語力をつける奇跡のメソッド (YELL books) -
過去ログ
2017年08月(8)
2017年07月(17)
2017年06月(19)
2017年05月(33)
2017年04月(19)
2017年03月(19)
2017年02月(9)
2017年01月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(19)
2016年10月(22)
2016年09月(23)
2016年08月(22)
2016年07月(31)
2016年06月(29)
2016年05月(22)
2016年04月(26)
2016年03月(29)
2016年02月(29)
2016年01月(20)
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
タグクラウド
Moveの仲間―全国実力派の塾長ブログ―
群馬県東吾妻町 斉藤塾
当塾の開業前前身ブログ「安佐中・安佐南中専門個別演習塾」
石川県の上位生専門塾「進学塾 寺子屋本楽寺」
京都府宇治市 トップ進学校受験専門 熱血個別特訓 塚本塾
埼玉県深谷市 公立高校受験に強い塾 彩北進学塾
岡山県 朝日高校受験専門 進学塾サンライズ
相模原市 公立上位高校受験 青木学院
香川県 県立上位高受験専門 i-FORUM
夢進学塾kanaL
中学受験専門KJゼミナール
100人の塾長が語る100の学習法ブログ
低学年中学受験準備教室 エクセレント
新潟県燕市 吉田 三条高校 巻高校本気組支援塾 飛燕ゼミ
群馬県東吾妻郡 斉藤塾
三重県伊勢市 エムジェック
兵庫県加古川市  学研CAIスクール加古川校
群馬県高崎市 桐栄学舎
佐賀県佐賀市 学力向上会
広島県広島市 個別指導Zeal
北海道札幌市 進学研究室
佐賀県吉野ケ里市 Good Chance Academy
大分県別府市 ウィンロード
日本橋書道サロン 華厳
最近のコメント
成長曲線 by 宮脇 (12/12)
成長曲線 by ほそかわ (12/03)
成長曲線 by 宮脇 (02/17)
成長曲線 by さささ (02/15)
残席数のお知らせ by 宮脇慎也 (08/30)