サイザル錠

2017年03月08日

選抜2初日

まだざっとしか問題を見ていませんが、昨年に引き続き難しい初日だったようです。



社会の記述問題がさらに増え、なんと50点中42点を占めました。

今年も記述量全国1位は間違い無いでしょうね。

模範解答通りに書く必要がないとは言え、受験生のみんなは苦労させられたはずです。




そして、それに輪をかけ国語が難しくなりました。

Moveの精鋭たちが口を揃えて国語を悔しがっていた。

時間内に全て解ききったと言えるのであれば、それだけでかなりのアドバンテージになっているはずです。



数学は全体的にはあまり驚きはありませんでしたが、予想外のところに難問が潜んでいたので、時間配分を間違えてしまった人がいたかもしれません。



詳しい分析はまた後日ですが、平均点は今年も低いのは間違い無いでしょう。

ですから、受験生の皆さんは失敗したと悔やまず、明日に向けて気持ちを切り替えてください。






さて、国語の小説の題材は志賀直哉の処女作「或る朝」からでした。

昨年は川端康成で、今年は志賀直哉。

論説文は中央大学理工学部 鷲谷いずみ教授の著作から。

生物多様性について論じる識者の論説文を読むのは中学生にとっては、それだけで難しかったでしょう。



昨年も感じたことなのですが、これらの題材から察するに、

広島県教育委員会の人、本気ですね。



どう考えても2020年の高大接続改革を睨んだ入試問題。

大元の高大接続が骨抜きになっている印象を昨今では受けますが、それでも広島県はそこに標準を当てていると思われます。




いや、私は大歓迎ですよ。




高校入試が難しくなって、それに向けて鍛えられた子達が大学入試で全国の猛者たちと対等に争えるなら、それは大いに結構なことです。



ただ、もし本当にそういうことを意図しているなら、できれば高校入試における内申点の比重を下げて欲しいな。

そして、定期テストも難しくして欲しいですね。



ぬるま湯の学習を中学で許していて、入試問題だけレベルが違うのは、生徒を苦しめるだけのような気がします。



いや、だからこそ私たちのような塾屋が必要なのかもしれません。

中2以下の皆さん、改めて自覚しましょう。









ゆとり教育はとっくに終了した。




求めれている壁は実は相当に高いのだ、





と。



明日2日目の健闘を祈っています。


posted by 宮脇慎也 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

いよいよ選抜2

明日はいよいよ選抜2。

今年の中3生は、一人ひとりに自信を持って送り出すことができた。



前日の今日は、さすがに不安そうな顔を見せた子もいたけど、大丈夫。




最後の最後は、君たち一人ひとりの努力が支えてくれる。



この1年間、広島県の最新の傾向に合わせながらも、その傾向がさらに変わっても対応できるように対策を重ねてきた。


それはそれは、相当な量を重ねたはず。

これを上回る努力を重ねてきた人は、ほとんどいないと断言できる。



あとは一人ひとりがきちんと実力を出すだけ。


普通に頑張れば、結果がついて来るはずだ。



だから、いつも以上の実力を出す必要はない。


落ち着いてやっておいで。


明日は早くから塾を開けて待っています。
posted by 宮脇慎也 at 00:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

感覚のインフレ

最近のMoveに関する世間様の評判を耳にすることがありました。





「あそこの塾は、めっちゃ勉強させられるのでしょう?」


と、あるお母様が塾生のお母様に尋ねられたのだとか・・・。





え〜と、そりゃ、塾ですから。σ^_^;





勉強したい、勉強させてくれる塾を探している方にこそ、Moveを選んで欲しい。

「魔法のプリント」で手っ取り早く成績を上げて欲しいとおっしゃる方には、Moveは不向きだと申し上げておきます。



ちなみに、Moveの一回の標準勉強時間は3時間です。

と聞くと、「えっ? そんなにするの?」という人もいるのでしょうね。

これで驚くことなかれ。

テスト前は1日5時間や8時間は当たり前の塾だったりします。

「うわっ、無理!」と言う人もいそうですね。



けれど、不思議なもので、みんななんだかんだとこなしてしまうのですよ。
(まあ、それが平気でできる工夫はこらした結果ですが)


そして、年度の終わりのこの頃になると多くの生徒がこう言います。



「3時間の勉強が短く感じる」



と。


おそらくほとんど中学生にとっては、3時間の勉強はちょっと辛いでしょう。

けれど、Moveにずっと在籍している子は、苦にもしなくなるのです。

私はこれを「感覚のインフレ」と呼んでいますが、こんな感覚になった生徒はそりゃあ勉強体力が違います。

同じような実力に見えても、底力が違うでしょう。

実力をつけるための前提から変えてあげたい。


Moveはそんな考えで運営されているのです。



posted by 宮脇慎也 at 21:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
マンガでわかる! 大逆転の中学受験国語2  入試国語力をつける奇跡のメソッド (YELL books) -
マンガでわかる! 大逆転の中学受験国語2 入試国語力をつける奇跡のメソッド (YELL books) -
過去ログ
2017年04月(13)
2017年03月(19)
2017年02月(9)
2017年01月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(19)
2016年10月(22)
2016年09月(23)
2016年08月(22)
2016年07月(31)
2016年06月(29)
2016年05月(22)
2016年04月(26)
2016年03月(29)
2016年02月(29)
2016年01月(20)
2015年12月(20)
2015年11月(12)
2015年10月(17)
2015年09月(9)
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
タグクラウド
Moveの仲間―全国実力派の塾長ブログ―
群馬県東吾妻町 斉藤塾
当塾の開業前前身ブログ「安佐中・安佐南中専門個別演習塾」
石川県の上位生専門塾「進学塾 寺子屋本楽寺」
京都府宇治市 トップ進学校受験専門 熱血個別特訓 塚本塾
埼玉県深谷市 公立高校受験に強い塾 彩北進学塾
岡山県 朝日高校受験専門 進学塾サンライズ
相模原市 公立上位高校受験 青木学院
香川県 県立上位高受験専門 i-FORUM
夢進学塾kanaL
中学受験専門KJゼミナール
100人の塾長が語る100の学習法ブログ
低学年中学受験準備教室 エクセレント
新潟県燕市 吉田 三条高校 巻高校本気組支援塾 飛燕ゼミ
群馬県東吾妻郡 斉藤塾
三重県伊勢市 エムジェック
兵庫県加古川市  学研CAIスクール加古川校
群馬県高崎市 桐栄学舎
佐賀県佐賀市 学力向上会
広島県広島市 個別指導Zeal
北海道札幌市 進学研究室
佐賀県吉野ケ里市 Good Chance Academy
大分県別府市 ウィンロード
日本橋書道サロン 華厳
最近のコメント
成長曲線 by 宮脇 (12/12)
成長曲線 by ほそかわ (12/03)
成長曲線 by 宮脇 (02/17)
成長曲線 by さささ (02/15)
残席数のお知らせ by 宮脇慎也 (08/30)