サイザル錠

2017年03月04日

勉強しやすい環境

塾の講師を始めて、丸12年になります。

13年目も無事迎えられそうでホッとしていますが、この12年間ずっと聞いてきた保護者様たちの言葉があります。






「うちの子は家では勉強しないのですよ」





この一言です。


本当に一回の面談期間で必ずどなたかがおっしゃいます。

保護者の方にとってみれば切実な悩みだとは思うのですが、もはや私にとっては当たり前のことだと認識しています。

「うちの旦那は会社では仕事をしているのでしょうけど、家では仕事をしないのですよ」とおっしゃるのと同じくらい当たり前のような気がしています。





だって、家というものはそんな風にできていないのですから。




テレビがあり、布団があり、漫画があり、ゲームがあり、

しかも、

自分以外の家族はテレビを見ていたり、寝ていたり。



そんな環境で、どうして自分だけが勉強を長時間できるのでしょう?



もしお子さんを家でも長時間勉強させたいのであれば、そうした誘惑がない環境を作り上げ、お母様やお父様も一緒に勉強してください。



勉強するなんて、そんな簡単なことではありません。

勉強しやすい環境を得て初めて継続的な勉強は可能でしょう。


進学空間Moveは、そういう勉強しやすい空間を提供している塾です。



そう。


ここを自分の勉強部屋のように使って欲しいのです。

そのための中学生以上は指導時間無制限なのです。




私は、自分が本気で勉強をしたと言える浪人時代や学部生・大学院生時代には、家で一切の勉強(研究)をしませんでした。

予備校の自習室や大学の図書館・研究室等、勉強をするにふさわしい環境を整備した上で勉強しました。


じゃないと、無理でしたから。




もはや諦観していました。


家で勉強するなんて無理だ、と。


でも、勉強や研究はしないといけない。

なら、その環境を手にすることから始めよう。

そうやって、自分で作り上げた環境の中で長時間の勉強や研究を行ってきたのです。


その方法論は、Moveの塾づくりにも表れています。

全ての人が家で勉強するのが無理なのかどうかは、知りません。

少なくとも私には無理でした。

そして、そういう勉強する空間が必要な子は沢山いるはずです。

そういう勉強する場が必要な子にMoveの環境を使って欲しい。

「進学空間」を名乗るMoveの役割の一つはそこにあるのです。

posted by 宮脇慎也 at 23:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

裏校

私は大学に入学する19の春、原動機付自転車(いわゆる原付)の免許を取りに、試験を受けました。


原付の免許は基本的に試験に受かればいいだけですので、楽なもんです。



しかし、勉強したものの正直、受かる自信はありませんでした。


すると、一緒に受けた友達が「試験前に裏校に行こう」と言いだしたのです。




「裏校? 何それ?」




と聞いた私はうぶでしたね。


今でもあるかどうかは知りませんが、当時住んでいた名古屋の免許センターの前には、なにやらその日の学科試験に出てくる問題と答えを教えてくれる塾みたいなのがあったのです。


試験前に数千円を払って、映像とテープを聴いて学科試験のシミュレーションをする。

怪しげな場所だった覚えがありますが、なにはともあれそのおかげもあって試験に通りました。




まあ、その日の学会試験に出てくる問題と答えが、映像と音声で学べるのです。


人によってはそれだけで学科試験に通るでしょうね。




ただ、とても気持ち悪かったです。





堂々と営業をしていたことを考えれば、合法なのでしょう。



でも、

こんなのでいいの?

と思ったあの気持ち悪さは今でも抜けません。



なに一つ理解しなくても受からせてしまう力を、裏校は持っています。

問題と答えをセットで丸暗記させるだけですからね。





いや、それを使って原付免許を手にいれた私がどうこう言える立場でもないのかもしれません。

免許を手に入れるという目的は達成させるのだから、むしろ立派な手法なのかもしれません。



ただ、今、自分で塾を経営していて、





あの気持ち悪さを子ども達に感じさせる塾にはしまい、





そんなことを考えています。


塾で作ったオリジナルのプリントの問題と答えを覚えていると、

同じ問題が実際の定期テストで出てくる。



「先生、全く同じ問題が出たよ!」と喜ぶ子どもとそれを誇りに思う塾講師。



まあ、過去問を寄せ集めて作ったプリントですからね。

その問題と答えを覚えることが、高いレベルの知性を育む塾の姿勢だとはとても思えない。

中学校時代からそんな勉強をして、一体どの大学に行く気なんだい?

ある程度名前の通った大学に行くと言うことは、実技系の学部・学科を除き、知を武器に世の中を渡って行くということです。

長い目で見ると逆効果なんじゃないのかな?

ついでに言うと、それ、著作権的にグレーですよ。



オール4の目安である400点以上くらいなら、そんなものに頼らなくても努力次第で取れるようになる。

3年間オール4あれば、安古市への挑戦権は十分ある。

今取れなくても、継続的に努力すれば、取れるようになる。

それを証明してきた先輩達は沢山いる。


そして、そうなった時が上位高校や難関大学への挑戦権を手に入れた時でしょう。


お願いですから、たかだか中学校の定期テストで「過去問をさせてください」と私に要求しないでくださいね。


posted by 宮脇慎也 at 00:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
マンガでわかる! 大逆転の中学受験国語2  入試国語力をつける奇跡のメソッド (YELL books) -
マンガでわかる! 大逆転の中学受験国語2 入試国語力をつける奇跡のメソッド (YELL books) -
過去ログ
2017年09月(22)
2017年08月(15)
2017年07月(17)
2017年06月(19)
2017年05月(33)
2017年04月(19)
2017年03月(19)
2017年02月(9)
2017年01月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(19)
2016年10月(22)
2016年09月(23)
2016年08月(22)
2016年07月(31)
2016年06月(29)
2016年05月(22)
2016年04月(26)
2016年03月(29)
2016年02月(29)
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
タグクラウド
Moveの仲間―全国実力派の塾長ブログ―
群馬県東吾妻町 斉藤塾
当塾の開業前前身ブログ「安佐中・安佐南中専門個別演習塾」
石川県の上位生専門塾「進学塾 寺子屋本楽寺」
京都府宇治市 トップ進学校受験専門 熱血個別特訓 塚本塾
埼玉県深谷市 公立高校受験に強い塾 彩北進学塾
岡山県 朝日高校受験専門 進学塾サンライズ
相模原市 公立上位高校受験 青木学院
香川県 県立上位高受験専門 i-FORUM
夢進学塾kanaL
中学受験専門KJゼミナール
100人の塾長が語る100の学習法ブログ
低学年中学受験準備教室 エクセレント
新潟県燕市 吉田 三条高校 巻高校本気組支援塾 飛燕ゼミ
群馬県東吾妻郡 斉藤塾
三重県伊勢市 エムジェック
兵庫県加古川市  学研CAIスクール加古川校
群馬県高崎市 桐栄学舎
佐賀県佐賀市 学力向上会
広島県広島市 個別指導Zeal
北海道札幌市 進学研究室
佐賀県吉野ケ里市 Good Chance Academy
大分県別府市 ウィンロード
日本橋書道サロン 華厳
最近のコメント
成長曲線 by 宮脇 (12/12)
成長曲線 by ほそかわ (12/03)
成長曲線 by 宮脇 (02/17)
成長曲線 by さささ (02/15)
残席数のお知らせ by 宮脇慎也 (08/30)