サイザル錠

2017年06月17日

いよいよ、来週の25日(日)から

さあ、いよいよです。



25日(日)を皮切りに、3週連続出張合同説明会を行います。




第1週 6月25日(日)「夏の塾選び2017」
イオンモール広島祇園 11:00〜16:00
スクリーンショット 2017-05-31 14.27.57.png




第2週 7月2日(日) 「夏の塾選び2017」
安佐南区民文化センター 11:00〜16:00
スクリーンショット 2017-05-31 14.27.57.png




この二つは、今までもやってきました。

近隣の元気ある個人塾が集まって、ブース形式でご質問にお答えします。


あの塾ってどんな塾だろう?

こっちの塾はどうだろう?


いろいろな塾を巡って比較してください。

一番気に入った塾にアンケートを提出すれば、1000円分の図書券も進呈します。




そして、3つ目は、この夏に初めて行う企画です。


第3週 7月9日(日) 「夏の塾選び 大相談会」 
イオンモール広島祇園 11:00〜16:00
スクリーンショット 2017-05-31 14.39.10.png


最後の大相談会は、安佐南区在の学習塾が個人塾や大手関係なく集まって「塾祭り」のような企画ができないか、という考えに端を発しています。


なんと全部で15の塾が一堂に会し、皆様をお待ちしています。





どれにお越しになっても大丈夫です。

15塾全部比べてみようという方は7月9日に来られるといいと思いますが、ゆっくりとお話をしたいという方は6月25日や7月2日においでくださると助かります。

また、7月9日は、安古市高校や沼田高校、広島市立中学・高等学校の方もいらっしゃる学校説明会を兼ねていますので、そちらにも足をお運びください。




posted by 宮脇慎也 at 20:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

全国の変化

定期テストが終わり、夏期講習までのこの期間。

塾業界的には、塾屋さん向けのセミナー・勉強会・説明会が開かれる時期です。




私も、今日もセミナーに出席してきました。

ここ1ヶ月だけで4回目です。



最近流行りのテーマは、何と言っても「2020年からの高大接続改革プランとそれに付随する変化」です。



大学入試はどのように変わるのかについては当然のこと。

全国の公立高校入試がいかに変わり、今後求められる力とはどのようなものか。

そして、指導要領がいつどのタイミングで変わっていくのか。

それらについて、塾の先生たちが集まって勉強会を開くのです。



もちろん私が学んだ中で皆様に必要だと思われるものは、例えば明日開く「保護者説明会」でご説明いたします




それにしても、昨年の2017年度入試では半数を超える都道府県で「思考力を問う問題」が出題されたようです。


もちろん2020年に向けて先鋭化している広島でも、バンバン出題されました。



誰も見たことのないような資料を複数示した上で、説明文や会話から資料の意味を読み解かせ、受験生自らの言葉で説明させる問いを発してくる問題が、それです。



そして、それらの問題や資料を見ながら思うのです。




もはや、高大接続改革以降に求められる学力観や英語等の変化について賛否を争う時期はとっくに終わった、と。



ましてや「否」を表明したところで何の得にもなりません。



もう動き出した話です。



塾として今考えるべきは、どうやれば無理なくこの求められる学力を生徒に身につけさせることができるか。

カリキュラムにどう落とし込むのか。


それを考え、実践する段階です。



昨日の福井の記事のように、一部の先生たちが反対意見を表明しているという話を聞くと、


「なんとものんびりした話だなあ」


なんて思ってしまいます。

posted by 宮脇慎也 at 21:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

福井県の高校入試

広島とはなんの関係もない話で恐縮です。


福井県の事例を一つ、ご紹介しますね。



「県立高入試、英検の取得級で加点へ 福井、保護者の反応さまざま」
http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/194144




すごいですね。

「英語の学力検査は3級取得者に5点、準2級10点、2級15点を加算し、115点満点」



100点満点のうち15点を加算。


まあ、中3で英検2級を取得できる生徒は、入試問題もかなりの高得点を取るでしょうから、英語1科目で相当有利に働くでしょう。





やるな、福井県。




と私なんかは思うのですが、反対意見もあるとか。



「中2の息子がいる鯖江市の男性(41)は『大学入試での英検の活用なら理解できるが、学校で習わない部分で差がつくなんて不公平』と批判的だ。」




なるほど。一理ありますね。


一理ありますが、些細なことです。

学力検査である高校入試で、学校で習った範囲かどうかは本質的ではありません。

高い学力を有していると判断できれば、加点があっても何らおかしなことはないと考えています。




他にも学校や塾の先生の中にも反対意見をお持ちの方がいらっしゃると聞きました。




う〜ん。



学校の先生はまだしも、塾の先生が変化に硬直的であることは自らの首を締めるように思いますけどね。




今、大学入試が変革の中にあり、国全体としても求める学力像が以前とは大きく変わりつつあります。



その中で高校入試だけが変わらないなんてことは、むしろあってはならない。


私個人の希望としては、広島県の高校入試も、問題傾向だけでなく制度についても早く変えて欲しい。


そして、中学校の授業内容は先生方の工夫があり旧来の授業とは大分変わったみたいですが、まだまだ定期テストの内容は変化したとは言い難い。


早く変わって欲しいと思っています。


入学試験の(さしあたりの)ゴールが大学入試です。


それが変わっていくなら、生徒の混乱・負担増が生じるのを防ぐ意味でも、中学校の普段の授業・テストから変わっていかなくてはいけない。



とは言え、変わっていくのは時間の問題です。




そして、Moveとしても、変わったその時に、慌てふためくようなことになってはいけませんね。







posted by 宮脇慎也 at 17:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
マンガでわかる! 大逆転の中学受験国語2  入試国語力をつける奇跡のメソッド (YELL books) -
マンガでわかる! 大逆転の中学受験国語2 入試国語力をつける奇跡のメソッド (YELL books) -
過去ログ
2017年06月(14)
2017年05月(33)
2017年04月(19)
2017年03月(19)
2017年02月(9)
2017年01月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(19)
2016年10月(22)
2016年09月(23)
2016年08月(22)
2016年07月(31)
2016年06月(29)
2016年05月(22)
2016年04月(26)
2016年03月(29)
2016年02月(29)
2016年01月(20)
2015年12月(20)
2015年11月(12)
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
タグクラウド
Moveの仲間―全国実力派の塾長ブログ―
群馬県東吾妻町 斉藤塾
当塾の開業前前身ブログ「安佐中・安佐南中専門個別演習塾」
石川県の上位生専門塾「進学塾 寺子屋本楽寺」
京都府宇治市 トップ進学校受験専門 熱血個別特訓 塚本塾
埼玉県深谷市 公立高校受験に強い塾 彩北進学塾
岡山県 朝日高校受験専門 進学塾サンライズ
相模原市 公立上位高校受験 青木学院
香川県 県立上位高受験専門 i-FORUM
夢進学塾kanaL
中学受験専門KJゼミナール
100人の塾長が語る100の学習法ブログ
低学年中学受験準備教室 エクセレント
新潟県燕市 吉田 三条高校 巻高校本気組支援塾 飛燕ゼミ
群馬県東吾妻郡 斉藤塾
三重県伊勢市 エムジェック
兵庫県加古川市  学研CAIスクール加古川校
群馬県高崎市 桐栄学舎
佐賀県佐賀市 学力向上会
広島県広島市 個別指導Zeal
北海道札幌市 進学研究室
佐賀県吉野ケ里市 Good Chance Academy
大分県別府市 ウィンロード
日本橋書道サロン 華厳
最近のコメント
成長曲線 by 宮脇 (12/12)
成長曲線 by ほそかわ (12/03)
成長曲線 by 宮脇 (02/17)
成長曲線 by さささ (02/15)
残席数のお知らせ by 宮脇慎也 (08/30)