サイザル錠

2017年01月23日

論理と感情〜安古市高校の選抜1から〜

平成25年度入試の安古市高校の選抜1の問題でこんな問題が出題されていました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

貧富の差があまりないA国と、貧富の差が著しいB国があります。

あなたが暮らしたいと思う国はどちらですか?

その理由を述べ、またその国の改善点をの論じなさい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


文言はこのままではないのですが、そういった趣旨の問題でした。




実にいい課題だと思いました。




この課題に対し、A国とB国のどちらを選んでも正解です。


問題はその理由と改善点がきちんと述べられるかどうかです。


しかし、ただ直感的に「貧富の差が小さいA国の方が幸せそう」程度の理由でA国を選んでしまうとその後の論述がスカスカになってしまうでしょうね。


まずは二つを比較するのです。


A国にもメリットとデメリットがあるでしょう。

メリットの例としては、ほとんどの国民が比較的平等な生活を維持できることが挙げられますね。

また、デメリットとしては、能力が高かったり努力したりした人が相対的に報われず、生産意欲が低下しがちであると言えるかもしれません。


その一方で、もちろんB国にもメリットとデメリットがあります。

A国の反対を考えればそれでいいですね。



いずれにせよ、そうやってまず二つの国を比較してから、A国・B国を選ばなくてはいけません。



「どちらの国に住みたいか?」というこの問いは、実は論理的に考えて選ぶべき問題だったと思います。



まずは二つの国を比較する。

そのプロセスを踏むことで、論述が深い内容になるのです。




ただ、そういう手順を経たとしても、きっとA国を選ぶ人が多いでしょうね。

「なんだかんだと言ってもこっちの方が幸せそうだ」

くらいの気持ちで。





その場合は、それでいいのです。





論理的に二つを比較して、そのどちらを選んでも不正解とならない以上、最終的に選ぶ基準は「感情」です。


ああだこうだと理屈をつけたところで、正解のない問題では往々にして感情がその是非を決定します。

自らの正義感に従うと言ってもいいです。





感情が行き先を埋め、論理がその道筋を示す。



昨今、論理的思考力の重要性はあちこちで言われていますし、私も子ども達にそう説きますが、本当は論理と感情の役割を理解し、バランスよく兼ね備えているのが最も望ましいのです。




まあ、安古市高校が上のようなことを意図して出題したかは分かりませんが、選抜1では往々にしてこんな良問が出題されます。


高校受験に挑む頃までにそういう論理と感情のバランスが取れた生徒を育てなくてはいけないとは、なかなか難しいですが、教育産業に携わる者として俄然燃えさせてくれる問題でした。




posted by 宮脇慎也 at 01:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

時代感覚

数十年前の中学校受験ならいざ知らず、今では歴史の細かい年号を覚える必要は随分無くなりました。



それよりもストーリーを理解していることの方が大事だとも言われます。


けれど、やはり時代の区切りくらいは覚えておいた方がいい。



例えば、室町幕府が1338年に作られたと知っていれば、14世紀の日本と聞けば室町前半の頃と思い浮かべられます。

明治時代が1868年に王政復古の大号令とともに始まったと知っていれば、19世紀後半が日本の産業革命期だと分かります。


残念なことに、中学生の生徒の中には、1945年が終戦の年だと言えない生徒もいます。

オイルショックが起きたのは、2073年だと平気で言う生徒にも出会いました。



それではやはりまずいのです。




何がまずいのか?



目の前で起きている出来事に対する感覚がまるでない、ということがまずいのです。




少し話が逸れますが、私が生まれたのは1977年です。

地理の話で言うと、200海里経済水域が設定された年です。 

第一次オイルショックの4年後です。

私が8歳の時、1985年にプラザ合意というのが結ばれたらしいと後に知りました。

どうりで小学生の頃、やたら円高ドル安がニュースで叫ばれていたわけです。

同時に日本がバブル経済に突入したのですよね。

そのバブルも私が中学生の頃に崩壊しました。

その後日本は「失われた20年」とやらに突入していきましたが、世界に目を転じると、1990年代はパックス・アメリカーナ(Pax Americana)の時代だったわけです。

唯一の超大国としてアメリカが世界中にその影響力を伸ばそうとした時代です。

だけど、そんな束の間の「平和」も2001年の9.11により、様相が変わっていきます。

ざっくり言えば、イスラム過激派と資本主義国側との争いの勃発です。

いや、アメリカが押し付けようとした資本主義の論理に対するイスラムの反発だったと言えるかもしれません。

そして、同時多発テロから15年経って「世界の警察」を自認していたはずのアメリカもその役割をもう負えないと言い出しました。

アメリカの平和を推し進めるその裏側で、労働者階級の不満は相当溜まっていたのですね。

まあ、「アメリカの平和」なんて、そもそも最初からそんなものはなかったと言えるわけですが…。



そして今、2016年から2017年にかけてのこの時も、世界がまた別の方向に動き出したのかもしれません。

イギリスのEU離脱、中国の南シナ海への進出、そして、ドナルド・トランプ米大統領の就任。

世界が自国の利益を第一として動き出した転換点、と後に評価される時期に今いるのかもしれません。


私はジャーナリストでも歴史家でもないので、それについての論評は差し控えますが、目の前の生徒たちには大きな声で伝えたい。




今この時も、時代は動いているんですよ



と。




私も自分が小学生の頃は、世界がどう動いているかなんて分かりませんでした。

勉強を進めていくうちに、その頃にニュースで言っていた「呪文」の意味を知っていきました。

多くの生徒がそんな感覚かもしれません。



けれど、中学生や高校生が同じではいけない。

今、目の前で起きている出来事にきちんと驚いてほしい。



そのために、時代感覚をきちんと磨いてほしい。

そのためにある程度の年号はストーリーとともに覚えていて欲しい。

さらに、新聞・ニュースに目を通してほしい。

本を読んで、今何が起きているか知ってほしい。



そうでなければ、君たちが生きていく未来に目なんて向くはずないじゃないか。



そんなことを思うアメリカ大統領就任の日でした。
posted by 宮脇慎也 at 01:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

原点

何度も何度も申し上げようと思います。



進学空間Moveは、

勉強がしたい人のために、勉強ができる空間を提供するためにある塾です。



だから、

「勉強はしたくない」とか、

やる気はないけど、親に行けって言われたからとか、

学校の授業では周りを引っ掻き回しているだとか、

そういうお子さんの入塾はお断りをしています。



勉強に前向きな姿勢を続けることは、それはそれで辛い時があります。


時には心が折れそうになる時もあるでしょう。


だけど、

そんな時にもここに来たら勉強に集中できる、とか

そんな時にも周りがやっているから頑張れる、とか

そんな楽して頑張れる空間であることを目指している塾です。


そのためには、上のような後ろ向きな生徒は邪魔なのです。


せめて最初のやる気くらいは自分で準備して来てくださいね。


それを継続できる環境と方法をご提供するのが、塾の役割だと心得ています。
posted by 宮脇慎也 at 11:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
マンガでわかる! 大逆転の中学受験国語2  入試国語力をつける奇跡のメソッド (YELL books) -
マンガでわかる! 大逆転の中学受験国語2 入試国語力をつける奇跡のメソッド (YELL books) -
過去ログ
2017年02月(7)
2017年01月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(19)
2016年10月(22)
2016年09月(23)
2016年08月(22)
2016年07月(31)
2016年06月(29)
2016年05月(22)
2016年04月(26)
2016年03月(29)
2016年02月(29)
2016年01月(20)
2015年12月(20)
2015年11月(12)
2015年10月(17)
2015年09月(9)
2015年08月(11)
2015年07月(13)
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
タグクラウド
Moveの仲間―全国実力派の塾長ブログ―
群馬県東吾妻町 斉藤塾
当塾の開業前前身ブログ「安佐中・安佐南中専門個別演習塾」
石川県の上位生専門塾「進学塾 寺子屋本楽寺」
京都府宇治市 トップ進学校受験専門 熱血個別特訓 塚本塾
埼玉県深谷市 公立高校受験に強い塾 彩北進学塾
岡山県 朝日高校受験専門 進学塾サンライズ
相模原市 公立上位高校受験 青木学院
香川県 県立上位高受験専門 i-FORUM
夢進学塾kanaL
中学受験専門KJゼミナール
100人の塾長が語る100の学習法ブログ
低学年中学受験準備教室 エクセレント
新潟県燕市 吉田 三条高校 巻高校本気組支援塾 飛燕ゼミ
群馬県東吾妻郡 斉藤塾
三重県伊勢市 エムジェック
兵庫県加古川市  学研CAIスクール加古川校
群馬県高崎市 桐栄学舎
佐賀県佐賀市 学力向上会
広島県広島市 個別指導Zeal
北海道札幌市 進学研究室
佐賀県吉野ケ里市 Good Chance Academy
大分県別府市 ウィンロード
日本橋書道サロン 華厳
最近のコメント
成長曲線 by 宮脇 (12/12)
成長曲線 by ほそかわ (12/03)
成長曲線 by 宮脇 (02/17)
成長曲線 by さささ (02/15)
残席数のお知らせ by 宮脇慎也 (08/30)