サイザル錠

2017年09月20日

「型にはまる」というと、怪訝な顔をする人もいるのでしょうね。



そんな型にはめていたら、自由な発想ができなくなるとか、

「型」にはまるなんて性に合わない、自由が一番だ、などと言い出す人もいるのでしょう。




少なくとも「知」の分野においては、ちゃんちゃらおかしい話です。



「型」を知らずに、あるいは、「型」にはまったこともないのに、

どうやって「型」の枠から飛び出すことことができるのでしょうね。


「型」とは基本です。

基本を身に付けた人間が、その基本を超えたものを生み出せるのです。



スポーツに例えると分かりやすいでしょう。


テニスを始める時は、まず素振りから入る。

野球や剣道を始める時もそうでしょう。




私は武道は高校の授業以来やったことがないが、そのような素人の場合、

竹刀を持ったら、嬉しそうに振り回すのが関の山だったりしますね。

もう少し子どもだったら、「○○殺法!」などと叫んで、

めちゃくちゃに相手に突進するかもしれません。



そして、そのような素人は、毎日素振りを繰り返し、型を身に付けた有段者に、瞬殺される。




基本ができていない人間が、我流で挑んでも、修練を積んだ人間にはかなわない。


私は昔テニスをしていましたが、初心者の時はやはり素振りを繰り返す。

それで、ボールを打ちかえす方法を複数身に付ける。

試合では、それらを組み合わせて、また心理戦を交えて相手と対峙する。

基本の数種類のボールであれば、考えなくても打てるようにはなっていたから、

駆け引きを含むゲームに集中できる。



勉強だって同じでしょう。

漢字や計算ももちろん基礎ですが、ここでいう「型」とは、基本の解法のこと。

それを繰り返しの修練で身に付けたものが、それを組み合わせて、

応用というものが成り立っています。
posted by 宮脇慎也 at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

語彙を増やすA

語彙を増やす方法についてです。

前回を漢字学習を通じて語彙を高めることをお勧めしました。



今回は、「語彙を増やす方法そのA」についてです。



それは、反対語とセットで覚える、というもの。


「形式」の反対は「内容」

「物質(身体)」の反対は「精神」

「理想」の反対は「現実」

「保守」の反対は「革新」

「具体」の反対は「抽象」



こうやって覚えていくと、単に一つ一つの言葉を覚えるよりも楽に覚えられますね。

一度に2単語を覚えられるのはもちろんのこと、その意味についても片方を知っていれば他方も簡単に類推できます。

辞書で意味を調べるのもいいですが、こうやって類推できる言葉を増やすことも大事です。



そして、こういう勉強法は、定期テストに追われる前の小学生のうちにやっておきたい。



小学生から塾?



なんて思う方も多い中、余裕のあるうちに知識を増やして、中学・高校で活躍できる素地を作り上げておきたいですね。





posted by 宮脇慎也 at 23:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

語彙を増やす@

昨日更新できなかったので、2日分の意味をこめて1日2回更新です。



日本語の力を上げるためには、まず何はともあれ語彙を増やすこと。


特に小学生のうちにこれをきちんとやっていると、学力に大きな差がつきます。




で、私がお勧めしている方法は2つ。

(あ、読書はもちろん有効な手段ですが、主目的が語彙力を高めることにありませんので省きます。)




1つ目は、漢字の学習。



漢字を覚えることは、そのまま語彙を増やすことを意味します。



ただその練習方法として、ただひたすら漢字を書き続けるという方法はあまりお勧めしません。



あの方法を続けると、一部の子は「心をからっぽにして」漢字を書き続けるという技を習得するようになります。



勉強に対する悪癖がつくだけです。




学校からの課題である場合には、毎日コツコツと小分けにしてやるべきです。

短い時間で集中して覚えることができれば、漢字を何回も書くという方法も有効でしょう。

ですが、これをためてしまって長時間ひたすら漢字を書き続けると、「無の境地」を手に入れる。

勉強に対する最悪の姿勢です。




では、どうしたらいいのか?



Moveで採用しているのは、まず「漢字検定」の活用。

漢字検定のいいところは、単なる漢字の読み書きに終わらないところ。

部首や音読み・訓読みに始まり、四字熟語や熟語の構成等々、漢字や言葉の周辺知識を理解していないと合格できないようになっています。

この周辺知識を持っていると、漢字や言葉を覚えるのが断然楽になります。

丸覚えが防げますからね。

ちょっと考えれば理解できるようになるし、頭の定着率も高くなります。




また、Moveの小学部では漢字テキストこれを採用しています。

「出口汪の頭がよくなる漢字」シリーズ。





このテキスト、一般の漢字テキストとは違い、ちょっと考えるような問題構成になっています。

言葉の意味だったり、文の繋がりだったり。

そうやってちょっと考えて書いた漢字はやはり定着率が違う。



Moveが大事にしたいのは、この「ちょっと考える経験」。



漢字を覚え、語彙を増やすのも、ただ覚えればいいという姿勢だけは避けたいものです。



この話、もう少し続きます。
posted by 宮脇慎也 at 21:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
マンガでわかる! 大逆転の中学受験国語2  入試国語力をつける奇跡のメソッド (YELL books) -
マンガでわかる! 大逆転の中学受験国語2 入試国語力をつける奇跡のメソッド (YELL books) -
過去ログ
2017年09月(22)
2017年08月(15)
2017年07月(17)
2017年06月(19)
2017年05月(33)
2017年04月(19)
2017年03月(19)
2017年02月(9)
2017年01月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(19)
2016年10月(22)
2016年09月(23)
2016年08月(22)
2016年07月(31)
2016年06月(29)
2016年05月(22)
2016年04月(26)
2016年03月(29)
2016年02月(29)
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
タグクラウド
Moveの仲間―全国実力派の塾長ブログ―
群馬県東吾妻町 斉藤塾
当塾の開業前前身ブログ「安佐中・安佐南中専門個別演習塾」
石川県の上位生専門塾「進学塾 寺子屋本楽寺」
京都府宇治市 トップ進学校受験専門 熱血個別特訓 塚本塾
埼玉県深谷市 公立高校受験に強い塾 彩北進学塾
岡山県 朝日高校受験専門 進学塾サンライズ
相模原市 公立上位高校受験 青木学院
香川県 県立上位高受験専門 i-FORUM
夢進学塾kanaL
中学受験専門KJゼミナール
100人の塾長が語る100の学習法ブログ
低学年中学受験準備教室 エクセレント
新潟県燕市 吉田 三条高校 巻高校本気組支援塾 飛燕ゼミ
群馬県東吾妻郡 斉藤塾
三重県伊勢市 エムジェック
兵庫県加古川市  学研CAIスクール加古川校
群馬県高崎市 桐栄学舎
佐賀県佐賀市 学力向上会
広島県広島市 個別指導Zeal
北海道札幌市 進学研究室
佐賀県吉野ケ里市 Good Chance Academy
大分県別府市 ウィンロード
日本橋書道サロン 華厳
最近のコメント
成長曲線 by 宮脇 (12/12)
成長曲線 by ほそかわ (12/03)
成長曲線 by 宮脇 (02/17)
成長曲線 by さささ (02/15)
残席数のお知らせ by 宮脇慎也 (08/30)