サイザル錠

2017年01月26日

最後の最後で

中2の春に入塾してきたある男の子。

あれから1年と9ヶ月が経って、その彼も中3の学年末試験を終えました。



入塾直前の定期テストとなる中1学年末テストは260点台。



正直、公立高校受験も難しい状態で入塾してきました。

平均点くらいが入塾基準と言っても、やる気が感じられる場合には入塾を許可することもあるのですが、彼はまさにそのケースでの入塾でした。



そして、2年の後期には平均点は軽く超えてきます。



が、その状態で得点が止まってしまいました。

どうしても苦手な科目が足を引っ張り400点を超えない。



3年生の間も300点台後半は常に記録するけれど、大台の突破ができない。

素直にコツコツやっていたのですが、どうしても中1の積み残しが克服できない苦手科目があったのです。


けれど、この最後の最後の学年末テストで超えてくれました。


5科目中4教科で80点を超えて、余裕を持っての400点越え!




いやあ、嬉しかったです。^ ^




徐々に力をつけていたのは知っていました。

冬休みの間も、毎日塾で特訓を重ねて、この短期間で成長していたのも実感しました。



そして、本当にそれが数字になって表れてくれたのが嬉しい。




これで高校受験にむけて弾みがつくというものです。



彼の400点台突破により、Move中3生の80%以上が400点台を記録しました。



さあて、みんなで全員第一志望合格を目指して参りましょうかね。


posted by 宮脇慎也 at 00:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

反響

この間、とある同業の先生がこのブログを熱心に読んでくださっていると教えてもらいました。



D先生、いつもお世話になっています。m(_ _)m



また、同時に数日前に書いたことについて、3名の方から直接的にご感想をいただきました。

一つの記事について、集中的に反響をいただくのはなかなか珍しいことです。



こちらの記事ですね。
http://m-move.seesaa.net/article/446037885.html



みなさん、口々におっしゃいました。


「すごいこと、書きましたね?」


と。



「う〜ん。そうですか?」

というのが、正直に思うところです。


この内容をことさら強調する気もありません。

だって、ある程度前提のことだと思うからです。




Moveは基町や安古市、祇園北高校等、公立上位高校進学を専門にしている塾です。


そのくせ、(今のところ)入塾テストを設けていません。



「学校平均点がその基準です。」



と、申し上げるのみです。


ただ、そんな塾である以上、そこにいる塾生が勉強に対して前向きであることは、揺るぐことのない前提です。



何も私は生徒たちに苦行を強いようとしているわけではありません。






いかに楽して、質の高い勉強を長時間行えるか。





本当に目指している塾の姿はそこにあります。



勉強が苦しいことだなんて、子ども達に伝えるつもりもありません。


その逆です。



自らの知的好奇心を満たす勉強は本当に楽しいものです。



何ら不思議なことはありません。

進学塾の先生が生徒にそれを伝えようとすることは、至極当然のことですよ。

posted by 宮脇慎也 at 02:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

選抜2の出願を控えたMove中3生へ

選抜2の出願を提出する時期になりました。

数名の生徒が私のところに相談に来ました。

「本当にこのままで大丈夫でしょうか? 志望校を落とした方がいいのではないか?」

と。



そして、私はそんな言葉を一蹴するのです。




不安になるのは分かる。


100%受かる受験なんてほとんど存在しない。

いや、むしろ100%受かるという受験ならしない方がいいと思っている。


本当に受からないようなレベルなら、すでに止めている。

私が止めていないということは、十分に勝算があるということ。


ここから先、中3生は日曜日を除き毎日の通塾を義務付けている。



やることなんていくらでもある。

具体的に弱点を潰していく作業も必要だろう。


けれど、Moveが長時間学習や毎日の通塾をみんなに課す本当の理由は、そのプロセスが自信に変わるから。




もう一度言おう。



不安になるのは分かる。

100%受かる受験というのはほぼ存在しないし、そんな受験ならしない方がいい。

けれど、不安にさいなむのも違う。

不安は自らの勉強量で吹っ飛ばせ。

自らの勉強の量と質で他の受験生を圧倒しよう。

自信を持って受験できる状況は自分の努力で作り出せ。



自らの努力の蓄積は、私がどんないい言葉をかけるより効果があるはずですよ。


今年の中3生たちなら、僕は自信を持って受験に送り出せます。





posted by 宮脇慎也 at 01:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
マンガでわかる! 大逆転の中学受験国語2  入試国語力をつける奇跡のメソッド (YELL books) -
マンガでわかる! 大逆転の中学受験国語2 入試国語力をつける奇跡のメソッド (YELL books) -
過去ログ
2017年02月(7)
2017年01月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(19)
2016年10月(22)
2016年09月(23)
2016年08月(22)
2016年07月(31)
2016年06月(29)
2016年05月(22)
2016年04月(26)
2016年03月(29)
2016年02月(29)
2016年01月(20)
2015年12月(20)
2015年11月(12)
2015年10月(17)
2015年09月(9)
2015年08月(11)
2015年07月(13)
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
タグクラウド
Moveの仲間―全国実力派の塾長ブログ―
群馬県東吾妻町 斉藤塾
当塾の開業前前身ブログ「安佐中・安佐南中専門個別演習塾」
石川県の上位生専門塾「進学塾 寺子屋本楽寺」
京都府宇治市 トップ進学校受験専門 熱血個別特訓 塚本塾
埼玉県深谷市 公立高校受験に強い塾 彩北進学塾
岡山県 朝日高校受験専門 進学塾サンライズ
相模原市 公立上位高校受験 青木学院
香川県 県立上位高受験専門 i-FORUM
夢進学塾kanaL
中学受験専門KJゼミナール
100人の塾長が語る100の学習法ブログ
低学年中学受験準備教室 エクセレント
新潟県燕市 吉田 三条高校 巻高校本気組支援塾 飛燕ゼミ
群馬県東吾妻郡 斉藤塾
三重県伊勢市 エムジェック
兵庫県加古川市  学研CAIスクール加古川校
群馬県高崎市 桐栄学舎
佐賀県佐賀市 学力向上会
広島県広島市 個別指導Zeal
北海道札幌市 進学研究室
佐賀県吉野ケ里市 Good Chance Academy
大分県別府市 ウィンロード
日本橋書道サロン 華厳
最近のコメント
成長曲線 by 宮脇 (12/12)
成長曲線 by ほそかわ (12/03)
成長曲線 by 宮脇 (02/17)
成長曲線 by さささ (02/15)
残席数のお知らせ by 宮脇慎也 (08/30)