サイザル錠

2018年04月02日

中学入学時から考える基町・安古市への道A

前回、広島県公立高校入試の大きなファクターである内申点の重要性を説きました。

前回伝えたポイントは2つ。





@卒業時の入試が始まった時点では、勝負の半分以上がついている。



A中1・中2・中3の比率は1:1:1。中1の最初から入試に向けての得点化は始まっている。





そういうお話でした。


しかし、ポイントはまだまだあります。





今日は内申点における3つ目のポイントについてです。




B 実技4教科は得点2倍

スクリーンショット 2018-04-02 20.43.46.png



学力検査とのバランスを取るためのなのでしょう。

音楽・美術・保健体育・技術家庭科の4教科については上図のように内申点2倍で計算します。(選抜2のみ)







そうすると、ちょっと不思議なことが起きます。





スクリーンショット 2018-04-02 21.35.14.png

上の生徒は、3年間主要5教科でオール5、実技教科でオール3。

下の生徒は、3年間主要5教科でオール3、実技教科でオール5。




そういう両極端な子を想定します。




通常、成績がいいとか頭がいいと褒められるのは上の子のはずです。





しかし、内申点としては、実技教科が得意な子の方が高くなります。




それも圧倒的に。





内申点が110であれば、安古市高校のボーダーを十分超えています。




多分、安古市や基町に行きたい多くの子が、英数国理社の主要5教科の勉強を頑張ることでしょう。




もちろんそれも重要です。



その努力ができなければ、これらの進学校に進む資格はないとも言えます。





しかし、選抜2において勝負の半分以上を占める内申点においては、実技教科が得意であれば、安古市のボーダーラインを越えるのです。





年に2回ある定期テストも大切ですが、普段の授業や作品も大切です。


決しておろそかにしないようにしてくださいね。
posted by 宮脇慎也 at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

春のスタートゼミ

IMG_0456.jpg

本日、 新中3向け春のスタートゼミが行われました。


これは近隣の学習塾と協力して、各塾の専門ないし得意科目をそれぞれが新中3生にレクチャーするという企画です。


Moveからは小林先生が国語の授業を担当しました。


なかなかいい授業を披露してくれましたよ。


他塾の先生方も絶賛の授業です。



今、Moveの国語は小林先生が担当していますが、

どの方からもお褒めいただきます。



塾長として誇らしく、嬉しい限りです。



国語でお悩みの方、ぜひ一度お試しください。



さ、明日からは春期講習が再開します。


最高のスタートダッシュを目指して頑張って参りましょう!



posted by 宮脇慎也 at 21:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

中学入学時から考える基町・安古市への道@

明日から4月です。


このタイミングで新中1の人たちに高校入試のお話をしますね。




え〜。入学式もしてもいないのに、もう高校入試の話?



と、うんざりする人がいそうですが、それでも事実を申し上げないといけない。









広島の場合、中1の最初から高校入試への得点化が始まっているという事実を。







広島県の公立高校入試の、いわゆる一般入試(選抜2)では、

一般に、

内申点130点満点 + 入学試験(5科目)125点満点

合計255点満点で合否判定が行われます。











それがどうしたの?





という人がいそうですね。






大事なことなので、もう1回言いますね。




広島県の公立高校入試の、いわゆる一般入試(選抜2)では、

一般に、

内申点130点満点 + 入学試験(5科目)125点満点

合計255点満点で合否判定が行われます。







ということは、ですね。





中3の終わりの入試が始まった時点で勝負の半分以上がついているのです。






しかも、その内申点は

中1時の成績:中2時の成績:中3時の成績=1:1:1

で計算されるのです。








これもピンと来ない人が多そうですね。








他の県ではそうでもないところが多いのですよ。



中1の内申点は、高校入試の対象としないとか、

中1の内申点の比率は低く設定するとか、

そもそも内申点は参考程度で入試本番の得点で合否を決めるとか、






そういう県がある中で、広島は



中1時の成績:中2時の成績:中3時の成績=1:1:1



の比率で高校入試の内申点を算出するのです。





もちろん中1よりも中3の方が勉強の内容は難しいです。


だけど、そんなの関係ないのです。


広島県では内申点を中1も中3も同じように重視し、

その内申点で高校入試の合否の半分以上が決まるのです。





だから、最初の最初から学校の成績が大切になるのです。



続きます。


posted by 宮脇慎也 at 22:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
マンガでわかる! 大逆転の中学受験国語2  入試国語力をつける奇跡のメソッド (YELL books) -
マンガでわかる! 大逆転の中学受験国語2 入試国語力をつける奇跡のメソッド (YELL books) -
過去ログ
2018年04月(20)
2018年03月(13)
2018年02月(19)
2018年01月(21)
2017年12月(22)
2017年11月(11)
2017年10月(13)
2017年09月(28)
2017年08月(15)
2017年07月(17)
2017年06月(19)
2017年05月(33)
2017年04月(19)
2017年03月(19)
2017年02月(9)
2017年01月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(19)
2016年10月(22)
2016年09月(23)
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
タグクラウド
Moveの仲間―全国実力派の塾長ブログ―
群馬県東吾妻町 斉藤塾
当塾の開業前前身ブログ「安佐中・安佐南中専門個別演習塾」
石川県の上位生専門塾「進学塾 寺子屋本楽寺」
京都府宇治市 トップ進学校受験専門 熱血個別特訓 塚本塾
埼玉県深谷市 公立高校受験に強い塾 彩北進学塾
岡山県 朝日高校受験専門 進学塾サンライズ
相模原市 公立上位高校受験 青木学院
香川県 県立上位高受験専門 i-FORUM
夢進学塾kanaL
中学受験専門KJゼミナール
100人の塾長が語る100の学習法ブログ
低学年中学受験準備教室 エクセレント
新潟県燕市 吉田 三条高校 巻高校本気組支援塾 飛燕ゼミ
群馬県東吾妻郡 斉藤塾
三重県伊勢市 エムジェック
兵庫県加古川市  学研CAIスクール加古川校
群馬県高崎市 桐栄学舎
佐賀県佐賀市 学力向上会
広島県広島市 個別指導Zeal
北海道札幌市 進学研究室
佐賀県吉野ケ里市 Good Chance Academy
大分県別府市 ウィンロード
日本橋書道サロン 華厳
最近のコメント
成長曲線 by 宮脇 (12/12)
成長曲線 by ほそかわ (12/03)
成長曲線 by 宮脇 (02/17)
成長曲線 by さささ (02/15)
残席数のお知らせ by 宮脇慎也 (08/30)